ジェネリックとロキソニンについて考えるサイト

今需要が高いジェネリック薬品は?

カロナールは先行薬品と勘違いされている方も
いらっしゃると思いますが、
カロナールもジェネリック薬品です。

 

なぜなら、その成分が昔から薬効効果があると
知られていたからです。

 

このように先行薬品が存在しない
ジェネリック薬品もあります。

 

そもそもジェネリックってなに?
という人向けに簡単に説明しますと、
薬は開発に大変長い時間と費用がかかります。

 

そこで認可された場合、特許を取得して、
数年間、他の製薬会社が同じ成分の薬を
作れなくなり専売状態なります。

 

その期間に利益を上げるわけです。

 

一定期間過ぎた薬は、
専売状態が解除されて、
どの会社でも作ることが出来るようになります。

 

それがジェネリック薬品です。

 

研究開発費がない分、やすく販売することが出来ます。

 

ただ、知名度が低いので、
進められない限り、先行薬品を買っちゃいそうですね。

 

なんか、高いほうが効きそうだから。。。

ロキソニンを購入する際は薬剤師の説明を受ける必要があります。

 

ロキソニンの説明
ロキソニンという薬品について、くわしく説明します。

 

ロキソニンは、痛み止めの薬、いわゆる鎮痛剤のことです。

 

腰痛・神経痛・関節痛・炎症の治療など広範囲に使用されている痛み止めの薬です。

 

これまでは劇薬扱いに指定されており病院での処方に限られていたのですが、最近では医療用医薬品(第一類医薬品)として販売されるようになっています。

 

第一三共ヘルスケアから「ロキソニンS」という名前で販売されている薬品がそれにあたります。

 

ロキソニンは内服薬として飲む場合は、空腹時をさけて食後に服用することが必要です。

 

1回につき60mg、1日につき2〜3回、量にして180mgを限度として服用することが必要です。

 

またテープタイプになったものも販売されており、こちらは一日に一回患部に貼るようにします。

 

ロキソニンを服用する際に注意すべき点は、他のお薬との飲み合わせです。

 

要注意になっている薬品と飲み合わせると、重度の副作用を引き起こすことがありますので必ず服用の前に確認することが必要です。

 

ロキソニンは市販薬そして、一般に販売されるようになりました。

 

ですが、ロキソンニンは第一類医薬品にあたるため、購入するには薬剤師と相談して説明を受ける必要になります。

 

これがなければこの薬品を販売することできないことになっています。

 

コンビニにこの薬品が置かれていないのはこうした理由があるからです。

 

第一類医薬品とは、これまでは病院で処方されていた薬が、一般に市販されるようになってからまだ間もない医薬品であるということです。

 

こうした薬を第一類医薬品として分類分けしています。

 

ロキソニンにおいてはもともと劇薬の指定を受けていた薬になりますので、扱いかたを誤ると重度の副作用を引き起こすことになります。

 

ですから薬剤師にその点についての説明を受けてからでないと、購入することができないようになっているのです。

 

こうしたことから、ロキソニンを服用する際は薬剤師のアドバイスをよく聞いて理解した上で服用することが必要です。

 

ロキソニンで生理痛を克服

 

実は私は男性です。

 

生理痛を実感したことはありません。

 

どれだけ辛いんだろう。

 

どうしたら対処出来るんだろう。

 

色々考えて見ました。

 

そもそも男は痛みに弱いです。

 

出産の痛みには耐えれれなくて死んでしまうといいます。

 

生理痛もさぞかし辛いのでしょう。

 

子宮という臓器は男には無いので、痛さの強さや場所が想像出来ません。

 

置き換えて考えた場合、睾丸かな。

 

ぶつけたら物凄く痛いです。

 

耐えられないです。

 

そうか、この痛みなのか。

 

これが毎日来るのか。

 

つらいな。

 

ロキソニンを飲んで耐えるしかないのかな。

 

こんな生理痛を乗り越えて、子孫を残してくれる女性には敬意を表します。

 

あと、人によって痛みの度合いが違うようですね。

 

全く痛くない人もいるようです。

 

原因は何なんでしょう。

 

頭痛持ちの人がいるのと、いないのと同じことかな。

 

興味深いですね。

 

高麗人参で頭痛を克服

ロキソニン等の鎮痛剤は副作用が怖いと言う方は高麗人参をお勧めします。

 

高麗人参は昔から漢方や滋養強壮薬として知られています。

 

これといった副作用もないので、頭痛の時は試してみるのも良いでしょう。

 

もっと詳細を知りたい方は高麗人参通販.comで確認してください。